メイン画像

プロフィール

masamiya

柾宮 愛葵  Itsuki masamiya

 

出身地: 熊本県八代市

 

職業: WEB ・グラフィックデザイナー

 

経歴:

長崎国際大学  卒業

結婚の後、病院にて栄養士として勤務。妊娠・出産を期に退職し、子供の頃からの夢である「ものづくりをする人になって誰かに感動をあたえること」を実現するために、しばらく勉強と育児・家事に専念。

デザイン会社に就職し憧れのクリエイターとしてデビュー。

その後、家族との時間を作るため、退職。

家事・育児・仕事を自分らしく行うために2013年に独立。現在に至る。


メッセージ

はじめまして!

アトリエ リプルのデザイナーこと柾宮愛葵(まさみや いつき)です。

 

子供の頃から絵を描くのが大好きで、漫画を読んだり、映画を見たりして感動する度に「自分もいつか人を感動させられるもの作りが出来る人になりたい!」と思っていました。

 

クリエイティブな仕事はスキルが無いと難しいので中学生くらいから本格的に漫画や小説を描くようになり、パソコンでカラーイラストを作成したりホームページを作成するようになりました。

  

とは言え、専門学校などできちんと勉強したわけではありません!

クリエイターになりたい気持ちは中学・高校・大学へと進学しても変らなかったものの、だからといって就職先が見つかるわけではありませんでした。

 

大学卒業後は直ぐに結婚し、一度は栄養士として病院で働いたものの妊娠・出産を期に退職。

やはりどうしてもクリエイターになりたいという想いから産前・産後の時間を利用して改めてイラストの勉強をしながら、先輩クリエイターさんの経験談などを参考に就職先を探しました。

 

そして、産後の体も落ち着いて来た頃、あるデザイン制作会社の求人情報を発見!しかも「未経験者歓迎」の文字が!!本当に信じられないものを見た思いでしたが、見つけたその日に急いで夫に相談しその会社に応募しました。

 

応募された方は私の他にもけっこう人数がいらっしゃったのだそうで、1次面接を通過した方のみが社長さんとの2次面接に進めるとの事でした。

 

実際に1次面接に行ってみると、なんと私以外の方は専門学校卒だったり、他の職場での経験がある方ばかりだったそうです(後になって聞きました)。

 

その際、私がアピールできることは無くて、ただこれまでやってきた事と自分が人を感動させるものづくりができるようになりたい気持ちを伝えました。そして、携帯に保存していた自作のイラストを見ていただきました。

 

なかなか合否の連絡も来ず、「落ちたんだろうなー」と思っていたのですが、なんと通過者2人の中に選ばれ2次面接に至りました。もう面接当日は緊張して緊張して上手く話ができませんでした。

 

それでも1次の時と同じように自分の気持ちを社長さんに伝えました。

 

そして何とその会社に就職する事ができました!

 

デザイン制作会社だったのですが、ホームページ制作が中心で印刷物やロゴ作成、名刺のデザイン作成などあらゆるデザイン作成を行っている会社でした。

 

はじめは慣れるまで先輩スタッフのアシスタントとの事でしたが、何と入社2日目にお客様との打合せに呼ばれ、CDのジャケットデザインを担当させていただけることに。

 

中学のころからPhotoshopというソフトを使っていたので、そのスキルを使うことに。独学で勉強しただけの私に大丈夫かなと不安もありましたが、自分がデザインできること、自分が誰かを喜ばせられるかも知れない期待の方が大きかったのを今でも覚えています。

 

制作したジャケットは凄く気に入っていただけて「次回もお願いしたい!」といっていただく事ができました。わざわざ完成したCDを後日手渡しに来てくださって、私の宝物になりました。

 

自分が自信を無くしそうになった時、このCDが私を励ましてくれます。

 

それを期に少しずつデザインの機会も多くなり、ホームページのデザイン作成やポスター、ロゴ、Tシャツ、名刺、商品パッケージのデザインを経験させていただきました。

 

仕事が毎日楽しくて仕方がなかったのですが、1人でいくつも案件を抱えていたため、自宅に戻るのは深夜。小さな子供と夫と過ごす時間が少なくなっていました。

  

私は子供がいてくれるからこそ母親でいられるのに、子供とコミュニケーションが取れていないなんてありえないですよね。そして、社長とお話の席を頂き、家族との時間を作る為に退職したい旨を伝えました。

 

周りのスタッフには引き止める声や感謝の声、そして私の決断に涙を流してくれる人もいました。本当にありがたい事です。それまでご縁のあったお客様からもメールを何通もいただき、決して長い時間ではなかったかも知れないけれどクリエイティブな仕事が自分の天職だと実感しました。

 

それから、退職したは良いものの次の事がなにも決まっていない状態。専業主婦では基本的に保育園に子供を預ける事ができないので、無職1日目は早速、求人情報を集めました。ですがそう簡単に短時間で土日祝日が休み、おまけに子供が体調を崩しても帰宅させてくれるような職場は見つからず・・・。

 

「よし!思い切って独立しよう!!」と思い至って、午後から早速、開業手続きのため役所へ行きました。

 

なかなか無謀ですよね。仕事がないかなら事業を始めようだなんて。家族、特にいつでも私を大切にしてくれる夫の理解があったからこそ出来たことだと思います。

 

こうして誕生したのがこの「アトリエ リプル」なのです。

 

会社にいた時からもっとクライアントさんにとって使いやすいホームページ制作を軸に、これまでの経験を活かしたサービスを提供して行きたいと思っています。

 

子供達や夫と過ごす時間も得られ、天職だと思える仕事にも恵まれ今日も私はものづくりを楽しんでいます。

 

子供の頃、自分が感じたように、いつか私の生み出した作品によって将来の夢をもってくれる人が現れること。そして、子育てと家庭との仕事との両立で悩む人の希望になること。それが今の私の願いです。

 

 

問合せバナー